試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編6

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:87%
:13%
最多属性:30代/男性
  • このライトノベルがすごい!
  • イラストレーター
  • キャラクター
  • 綾小路清隆
  • 宝島社
  • 月刊コミックアライブ

「ねえ堀北さん。櫛田さんを残したのは本当に正しかったって言えるの?」

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
2.5/5 (2件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編6について>
満場一致特別試験の代償は大きく、綾小路たちのクラスには大きな亀裂が入ってしまった。櫛田、長谷部、王の3人が学校を連続欠席。体育祭の詳細が発表されるが、堀北への反発からミーティングは紛糾、綾小路クラスは練習すら始められない。大きなポイントを得てクラス昇格を果たしたはずが、このままではマイナスの結果になりかねない。3人の生徒のクラス復帰に向けて堀北や平田が動き出すが……。一方個人の実力が大きく影響を及ぼす今回の体育祭。小野寺は最良の結果を求め、須藤との共闘を申し出て――!? 
「私は認めない。この先何人が堀北さんを認めたとしても、私は絶対に認めない」
選択の先に待つ未来は光か闇か。