試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

茶室学講義 日本の極小空間の謎

二畳という極小の建築に、利休はすべてを封じこめた

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<茶室学講義 日本の極小空間の謎について>
利休の「待庵」は二畳に土壁と炉のある、建築の極小単位だった。茶室の起源から建築家による現代の茶室までを辿り、自らも茶室を手がけ、藤森流茶室論を語る。最終章に磯崎新との茶室談義を収録。