試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ!

プロゴルファーがやっている一番やさしい「飛ばし方」とは?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ!について>
実はプロゴルファーは、アマチュアゴルファーよりも簡単な打ち方をしている。

ドライバーでの飛ばしから、アプローチ、パット、メンタルコントロールまで、

常にやさしい打ち方、やさしい状況作りを考えている。

それは、たとえば次のようなものだ。

 ◎ティショットは「直角インパクト」でドロ〜ンと飛ばす

 ◎アプローチは「さばき」を使ってピンに寄せる

 ◎バンカーからは「目玉焼き打法」で簡単に脱出する

 ◎パッティングは「ボールが鉛できている」と思って打つ

 ◎緊張する場面で打つときは「意識しない深呼吸」を使う――etc.

こうした打ち方は、いわばプロが現場で培ってきたもの。

トーナメントの現場では、難しいことをすればミスをしやすくなり勝てなくなるので、

プロゴルファーは常に簡単に打つことを考えているわけだ。

本書は、こうした「プロの現場」で使われているコツを取り上げた。

理論派として知られる著者による選りすぐりのコツの数々を、

わかりやすい解説とともに伝授する。

【著者紹介】1972年東京生まれ。水城高校で全国高校選手権優勝。専修大3年時の92年日本オープンでローアマ。94年秋にプロ転向、97年全日空オープンで初優勝。その後も2010年キヤノンオープンに優勝するなど活躍している。著書に『4スタンスゴルフ』(実業之日本社)等。